本文へスキップ

坐骨神経痛のお悩みをたった3日で改善してきたトレーニング方法

15000人以上の患者さんの坐骨神経痛のお悩みをたった3日で改善してきた健友館独自のトレーニング方法

「痛みや痺れが酷く歩くのもままならない」
「夜寝ている間も痛くて目が覚めてしまう」とお悩みではありませんか?
実はこれまでに15000人以上の患者さんの坐骨神経痛のお悩みをたった3日で改善
してきた健友館独自のトレーニング方法があります!その方法をご紹介します。

坐骨神経痛とは
坐骨神経痛は、神経痛の中でも最も起こりやすく、原因も見つかりやすいものです。
他の神経痛と違って、痛みのあらわれ方が発作的ではなく、連続して起こるのが
特徴です。また、坐骨神経痛は、神経の中でも最も長く、腰椎から出て、骨盤を通り
ももに行き、膝で総腓骨神経と脛骨神経に分かれます。従って坐骨神経に障害が
起こると、痛みはもも、ふくらはぎを通って足の裏まで及びます。
坐骨神経痛のほとんどは、椎間板ヘルニアや変形性腰椎症、脊髄の癌などの為に、
坐骨神経が圧迫や刺激を受けることが原因です。
また、糖尿病やリウマチ、動脈硬化症、アルコール依存症、ニコチン中毒症、帯状
庖疹なども原因のことがあります。
このような疾患がある場合は、坐骨神経をおかしているそれぞれの病気の病名が
つけられるので、坐骨神経痛は、症状のひとつとなります。
一方、原因のはっきりしない坐骨神経痛もあります。坐骨神経は長く、しかも皮膚
に近いところを走っているため、寒さや圧迫などの障害を受け易いのです。
また、老化が進むと神経を包んでいるさやに、老廃物がたまり、それが神経えを
刺激するので、神経痛が起きやすくなります。

症状
安静にしていても、ももから足の裏にまで痛みを感じることが多く、体を曲げると
痛みが強くなります。咳やくしゃみをしても、痛みが下肢を走ります。
痛み以外に、下肢の痺れ感や歩行障害などがあらわれる場合もあります。
仰向けに寝て膝を伸ばしたまま足を直角に上げる動作をしたときに、痛みで90度
まで足を上げることができない、「ラセーグ微候」が出ます。
    ラセーグ微候

家庭で出来る治療方法
痛む時は、とにかく安静にすることです。
下半身を冷やさない様にし、食べ物は刺激物を避け、ビタミンを多くとることを
心がけるようにしましょう。

病院での治療方法
坐骨神経痛を起こす原因となる病気(例えば:椎間板ヘルニア)を治す治療を
行います。原因さえ分かれば、その病気を集中して治せばいいのですが、
厄介なのが原因が見つからない場合です。
その時は消炎鎮痛剤の投与やブロック注射での痛みを抑える方法を行いますが、
原因が分からない限り、この痛みと鎮痛剤の投与の繰り返しとなってしまいます。
現在痛みが少なくても、足に違和感を感じるようであれば、
すでに坐骨神経痛の症状が出ている可能性があります。

そこで、ご紹介するのが 寝たまま、簡単!腰痛体操 「骨盤ゆらゆら体操®」
プレミアム エディション
です。
この制作者は川井筋系帯療法治療センターの川井太郎先生です。川井先生は、かなり
有名な先生で、TV出演は、勿論、雑誌、新聞の掲載には、引っ張りだこ、その証拠が
以下の画像です。

これだけでは、ありません。他にも沢山取り上げられています。
もし、あなたが、足がしびれる等の腰痛で苦しんでおられるなら、一度アクセスして
見て下さい。